印章の説明

個人印章の説明

実印
実印は役所に登録することの印鑑証明を受ける唯一の印章として、個人の持つ印章の中でも最も重要なもので、法律上その人の権利や義務が生じる印章です。
土地、家屋の登記や高額物品購入など重要な事のみに使用します。
基本的には個人の証として姓名を彫刻することが多いですが、婚姻前の女性のかたは名のみの彫刻で生涯変更することなくお使いいただけます。
姓名彫刻する場合は一般的に印影の直径が男性15,0㎜以上、女性13,5㎜以上が適しています。

実印書体見本

銀行印
銀行印は財宝印とも言い、金融機関の金銭の出納に使用する印章です。
実印と同様に金融機関に登録することで効力を発揮し、長期間使用することもあり金融機関や個人それぞれ別々に姓あるいは名を彫刻することをお奨めします。
一般的に印影の直径が実印よりひと回り小さい男性13,5㎜以上、女性12,0㎜以上が適しています。

認印・家庭印
認印・家庭印は仕事での伝票や家庭での日常での郵便物の受け取りや回覧板の検印などに使われる一番使用頻度の高い印章です。
捺印することで自身が確認した証となることもあり基本的には姓のみを彫刻することが多いです。
一般的に印影の直径が銀行印よりひと回り小さい男性10,5㎜以上、女性10,5㎜以上が適しています。
シャチハタ印などの浸透印が便利でお使いの方もいますが、同一同型の印影では自身が確認した証とならないと仕事でお使いなる方では役職に準じてサイズを大きくされていく方も見られます。

印章書体の説明

印章は生涯を通じて自身の証となるものです。用途に合わせた書体をお選びください。彫刻前に一級印章彫刻技能士による「彫刻前印影校正」でご確認いただくこともできます。

銀行印・認印書体見本

印相体(八方篆書体)
篆書体を基礎に円の中心から文字に隙間を少なく接し八方に広がりを持たせた書体です。隙間を少なくすることで欠けにくくなっています。実印や銀行印に好まれる書体で開運書体とも言われています。

篆書体
左右対称で均一な線の幅が特徴です。日本銀行券(紙幣)にも使われる文字の美しさと古代的な荘重さを兼ねそなています。
実印に限らずすべての印章に適しています。

古印体
隷書体を基本に丸みを加えた書体で日本独自の書体です。
既成品の印章にも多く使用されているように認印・家庭印に好まれて適しています。

隷書体
篆書体の字画を簡略化し線を平行に左右対称になっている書体です。
非常に線がすっきりし読みやすいです。

行書体
楷書体を少し崩して勢いを持たせた書体です。好みの別れる書体ですが線が細いこともあり使用頻度の多い認印では欠けやすくなる場合もあります。

楷書体
隷書体を変化させた一文字一文字が正方形に配した書体です。一点一画を続けず横線を少し右肩上がりになっているのが特徴です。
シャチハタ印や活字にも多く見られ馴染み深く読みやすく最近認印・家庭印にも好まれています。

印材の説明

最近は昔からある印材以外にも多くの樹脂や合成素材が多く見られますが、安心して生涯お使いいただけるように象牙・芯持純白白水牛・芯持黒水牛・薩摩本柘を中心に取り扱っています。

象牙印鑑
象牙
耐久性に優れ押印性、印影の美しさと共に実用性としても他の材質の追従を許しません。いわゆる「一生モノ」としてお選び下さい。
当店では中心部付近の極上と呼ばれる密度の詰まった印材のみを使用し種の保存法認定の「正規材料使用製品証明書」がついております。

芯持純白白水牛
芯持純白白水牛
朱肉の付き具合や押印性においても非常に優れ白水牛の中でも茶色がほとんど入らない大変貴重な純白と呼ばれる印材のみを使用しております。

芯持黒水牛牛
芯持黒水牛
耐久性もあり、硬度も粘りもあるため、印章には非常に適した素材です。芯の通った中心の部分の芯持という部分のみを使用します。

薩摩本柘
薩摩本柘
植物系の印材としては、もっとも繊維が緻密で硬度も粘りもあって印材に適しております。
平常の取り扱いさえ注意すれば、長く使える材質であります。
当店では厳選された国産薩摩本柘のみを使用します。