使われなくなった印章

DSC_0271印章は、様々な契約や自己の保証の場面で使用します。そのために欠けてしまったからとすぐに処分出来るものではありません。

きちんと確かめずに処分し、後でトラブルが起こるという話は多く聞かれます。

処分方法は、簡単に「はんこ」と言えども長期にわたり、自分の分身として使用されたのですから、ゴミと一緒に処分するのではなく、感謝の意味も込めてお守り同様、寺社等に持ち込み供養してされる方もたくさんいます。

当店においても、お客様からお預かりした使われなくなった印章を10月1日の「印章の日」前の9月下旬に、京都の賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ、通称は下鴨神社)において「印章祈願祭」「古印章埋納祭」という供養祭に奉納させて頂いております。

又 大切な方の印章が不要になったからと処分するのではなく、改刻をして次代においても印章としてお使いいただくことも出来ます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ、通称は下鴨神社)
http://www.shimogamo-jinja.or.jp/