象牙 横目(日輪)

象牙横目日輪印材は一般的に繊維にそって加工することで強度も保たれるのですが、象牙の場合は繊維に対し横方向に加工することで、写真ではわかりにくいですが木の年輪のような美しい模様が入り独特の風合いが楽しめ、加工できる本数も少なく大変珍しく貴重な印材が出来ます。

強度は通常の象牙印材に比べると繊維を分断して文字を彫刻することもあり、非常に繊細で注意が必要ですが、ぜひ通常の象牙との風合いや模様の違いを見比べてください。